MLB

田中将大の活躍の秘密は”ボール球”?選手の評価指標「チェイスレート」とは

近年、トラッキングデータを測定できるようになり、これまで知りえなかった情報が手に入るようになった。多くの球団は、これらのデータから考え出された多種多様な指標を活用して戦略を組み立てている。

今回は、投球されたボールの到達位置のデータから生まれた「チェイスレート」と呼ばれる指標について、昨シーズンのメジャーリーグ(以下、メジャー)のデータをもとに紹介していく。

「チェイスレート」とは?

「チェイスレート」とは「ボールゾーンスイング率」のことで、O-Swing%(Outside the strike zone Swing%)とも呼ばれる指標である。

投手にとっては「どれだけボール球をスイングさせたか」を表しており、この数値が高いほどボールゾーンの球をうまくスイングさせているといえる。打者にとっては「どれだけボール球をスイングしたか」を表しており、この数値が低いほどボール球を見極める選球眼が良いといえる。

打者の打球速度は、ストライクカウントが増えると減少し、ボールカウントが増えると増加することがわかっている。そのため、投手はボール球を振らせること、打者はボール球を振らないことが有利な状況を作るために重要である
参考:初球の入りは大切!?カウントによる打者・投手への影響

ヤンキース・田中将大がトップ10にランクイン!

それではここから、実際にチェイスレートを用いて、昨シーズンの選手たちの活躍を評価していく。
まずは、投手ランキングとして最もボール球を振らせた投手たちをみていこう(表1)。

表1 チェイスレートランキング 投手編
順位選手
(チーム)
チェイスレート
(%)
1K.ゴーズマン
(ジャイアンツ)
41.8
2E.パガーン
(パドレス)
40.5
2S.ドゥーリトル
(ナショナルズ)
40.5
2J.ヘイダー
(ブルワーズ)
40.5
5H.ネリース
(フィリーズ)
40.4
6田中 将大
(ヤンキース)
40.1
7J.デグロム
(メッツ)
40.0
8P.バイエズ
(ドジャース)
39.9
8K.ジャンセン
(ドジャース)
39.9
10N.アンダーソン
(レイズ)
39.8
メジャー平均31.3

昨シーズン1000球以上投球した投手を対象。チームは2020年シーズン所属チーム

ランキング1位には、ゴーズマン(ジャイアンツ)が輝いた。メジャー平均と比較しても10%以上もチェイスレートが高く、ボール球を活用した効果的な投球ができていたといえる。

また、最多奪三振のタイトルを獲得したデグロム(メッツ)を抑え、田中将大(ヤンキース)が全体6位にランクインした。田中は昨シーズン、高めのストレートと低めの変化球を有効に使った投球ができていた。コースを徹底した投球で、ボール球をうまくスイングさせることができたのだろう。日本人投手初のメジャー6年連続2桁勝利の実力はホンモノだ。
参考:田中将大の2019年シーズンを分析!高めのストレートが増えた理由とは?

打者ランキング1位は最多四球の選球眼

続いて、打者ランキングとして最もボール球を振らなかった選手たちをみていこう(表2)。

表2 チェイスレートランキング 打者編
順位選手
(チーム)
チェイスレート
(%)
1A.ブレグマン
(アストロズ)
18.2
2T.ファム
(パドレス)
20.0
3M.トラウト
(エンゼルス)
20.1
4C.サンタナ
(インディアンズ)
21.2
5J.ソト
(ナショナルズ)
21.8
6D.ボーゲルバック
(マリナーズ)
22.2
7J.ボトー
(レッズ)
22.3
8M.ベッツ
(ドジャース)
22.4
9M.セミエン
(アスレチックス)
22.6
10M.マンシー
(ドジャース)
22.7
メジャー平均31.3

昨シーズン2000球以上投球された打者を対象。チームは2020年シーズン所属チーム

ランキング1位には、ブレグマン(アストロズ)が輝いた。ブレグマンのチェイスレートは唯一の10%台であり、四球数も119と最も多かった。ボール球にはほとんど手を出さない抜群の選球眼を持っているといえる。

また、最高出塁率のトラウト(エンゼルス)や、最多得点のベッツ(ドジャース)などの好打者もランクインした。好打者たちはボール球をしっかりと見極め、ゾーンに来た球を打ち返すことで好成績を残すことができているに違いない。

投手・打者ともに有利な展開に持ち込めるかがポイント

今回は、チェイスレートという指標を紹介した。投手からすると、ボール球を振らせることは投手有利な展開を作ることができる。打者からすると、ボール球を振らずにゾーン内の球だけをスイングすることで好成績を残せる可能性が高まる。メジャーリーグはまだ開幕したばかり。今シーズンもトップレベルのプレーに注目したい。

Baseball Geeks編集部