オリンピック企画!ミニウェビナー参加はこちら

詳細



0 件
プロ野球

【セ・リーグ】2020年のポジション別OPSを分析!~Bクラス編~



目次
得失点で見るセ・リーグBクラスの特徴
DeNA:強打者が揃う外野手が打線を牽引
広島:新外国人クロンによる補強に期待がかかる
ヤクルト:外野手の世代交代が急がれる
各チームの今後の注目ポイント

今シーズンのプロ野球はソフトバンクの日本シリーズ制覇で幕を閉じた。シーズン中と同様、多くの打者が高いOPSを記録し、読売を圧倒する結果になった。今回は、このOPSをポジション別に着目することで、セ・リーグBクラスのDeNA・広島・ヤクルトの特徴や今後必要となるチーム戦略について考察する。
参考:【パ・リーグ】2020年のポジション別OPSを分析!~Bクラス編~

得失点で見るセ・リーグBクラスの特徴

はじめに、今シーズンのセ・リーグの得失点差状況について整理する(表1)。
4位のDeNAは平均得点・平均失点がともにリーグ3位と投打のバランスが良さが特徴である。5位の広島は平均得点がリーグ2位と打力の高さを示した一方で、平均失点はリーグ5位と投手力に課題が残る。最下位のヤクルトは平均得点がリーグ5位、平均失点はリーグ最下位と打力・投手力の両方において改善が必要だといえる。

表1 セ・リーグの順位表

DeNA:強打者が揃う外野手が打線を牽引

DeNAでは今シーズン、佐野恵太が首位打者を獲得、梶谷隆幸がそれに次ぐ打率を記録するなど外野手の活躍が目立った(表2)。加えて強打者オースティンはケガによる一時離脱もあったが、安定した成績を残し、 DeNAの外野手はリーグでトップクラスの好成績を記録している。来シーズンも、この強力な外野陣が活躍できるかどうかAクラス入りを目指すうえで重要なポイントになるだろう。

表2 2020年のDeNAのポジション別OPS。二塁手・左翼手・中堅手のOPSがリーグ平均を大きく上回る

また、二塁手ではリーグトップのOPSを記録している。これは、同ポジションで2番目に多く出場しているソトの活躍が大きい。今シーズンのソトは、昨シーズンと同様に複数のポジションで起用されることが多かった。打力の高さだけでなく、複数のポジションを守ることができるユーティリティプレイヤーである点においても価値の高い選手であるといえる。
参考:プロ野球セ・リーグAクラスをデータ分析!OPSから見たチームの特徴とは?

一方で、捕手と遊撃手のOPSがリーグ平均を下回っている。これら2つのポジションは強打者が起用されることが少ないため、守備型の選手よりも打力のある選手を起用できると一気にチームの強みに変わるだろう(表3)。

表3 2020年DeNAのポジション別出場割合

広島:新外国人クロンによる補強に期待がかかる

広島打線の中心はなんといっても鈴木誠也である。彼の守る右翼手では、リーグトップのOPSを記録しており、チームの大きなアドバンテージとなっていることがわかる(表4)。

さらに、捕手でもリーグトップのOPSを記録している。ここ数年、會澤翼が正捕手として活躍していたが、今シーズンは坂倉将吾の出場も目立った。彼も會澤と同じように「打てる捕手」として活躍し、広島打線を支えた。また、坂倉は22歳とまだ若く、広島では長期に渡って捕手が打線の強みになるだろう。

表4 2020年の広島のポジション別OPS。捕手・右翼手のOPSがリーグトップを記録

一方、一塁手・三塁手・左翼手は打撃面で大きな弱みとなっている(表5)。先日、新外国人としてケビン・クロンの獲得が発表された。昨シーズンはマイナーリーグで38本の本塁打を打っている助っ人の加入により、広島打線がどこまでパワーアップするのか注目である。

表5 2020年広島のポジション別出場割合

ヤクルト:外野手の世代交代が急がれる

ヤクルトは一塁手と左翼手でリーグトップのOPSを記録しており、チームの強みとなっている(表6)。このうち、一塁手での起用が多い村上宗隆は、まだ20歳と若く、今後もチームの勝利に大きく貢献するだろう。

一方、左翼手の青木宣親は38歳の大ベテランである。彼の活躍に頼りすぎるとことなく、世代交代に向けた選手の獲得・育成を進めたい。外野手では、山崎晃大朗・塩見泰隆などが出場機会を増やしていたが、彼ら以外にも多くの若手の台頭することで野手の若返りを目指したい。

表6 2020年のヤクルトのポジション別OPS。一塁手と左翼手のOPSがリーグトップを記録

さらに、右翼手は打撃面で大きな弱みとなっている。同ポジションでは、坂口智隆・雄平など多くの選手が出場したが、どの選手も安定した成績を残すことができなかった。外野手の補強は早急に解決したいポイントのひとつだろう(表7)。

表7 2020年ヤクルトのポジション別出場割合

各チームの今後の注目ポイント

今回はポジション別OPSから、今シーズンのセ・リーグBクラスの3球団の特徴をみてきた。DeNAは強力な外野陣の活躍が目立ったが、読売による梶谷獲得が報じられており、この結果によって来シーズンの成績は大きく変化するかもしれない。広島は新外国人として加入が決まったクロンの活躍により、弱みとなるポジションを減らすことができるか要注目である。ヤクルトでは先日、山田哲人の残留が発表された。今シーズンは成績を落としたが、チームの最下位脱出には彼の活躍が必要不可欠になるだろう。

スタンダードプランに登録無料すると

記事の続きや、コメントを読むことができます。

Baseball Geeks 編集部