ウェビナー動画のご視聴はこちら

詳細



4 件
トレーニング他

野球に必要な持久力の効率的な鍛え方とは?



目次
持久力ってどうやって鍛えるの?
Pチーム全員同じトレーニングメニューはあり得ない!
P運動強度を知る方法
P持久力を鍛える様々なトレーニング
P効率的に持久力を鍛えるために

持久力ってどうやって鍛えるの?

皆さんは、「野球における持久力」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。野球選手に必要な持久力を鍛えるトレーニングとして、走り込みを行っているチームも多いだろう。
筆者は以前、野球のピッチングにおけるスタミナの正体は、ハイパワーの持続能力であり、この能力を向上させるには「高強度の間欠的トレーニング」が有効であることを述べた。さらに、高強度の間欠的トレーニングを充実させるためには豊富な有酸素エネルギー(有酸素性持久力)が必要となることも、併せて解説している。
参考:走り込みで投手のスタミナは鍛えられない!スポーツ科学から見た真の効果とは?

持久力は科学的トレーニングで鍛えるもの

他のスポーツにおいても、スタミナを鍛えるランニング(ダッシュ)では、タイムを測り、運動の強度を設定することは一般的に行われている。近年では、心拍数を測りながら運動の強度を確認するチームも多くなってきた。
今回は、持久的トレーニングを行う際の強度を確かめる方法を紹介し、持久力の科学的な鍛え方について解説したい。
参考:野球選手に走り込みはもう古い?投手にとって必要なスタミナとは

スタンダードプランに登録無料すると

記事の続きや、コメントを読むことができます。

熊川 大介(国士舘大学)