プロ野球

【プロ野球】追い込まれても打てる打者は誰?2ストライク時のデータを分析

野球の試合において、ストライクカウントの変動は選手たちのパフォーマンスに大きな影響を与える。打者にとってはストライクが増加すると打球速度が下がり、長打を打つ可能性が低下する。つまり、2ストライクまで追い込まれたカウントは打者にとってかなり不利な状況ということだ。逆に言うと、2ストライクでも本来の力を発揮することができる打者は貴重な存在であるといえるだろう
参考:初球の入りは大切!?カウントによる打者・投手への影響

今回は、2ストライクに追い込まれてからでも好成績を残している打者について、プロ野球のデータから探っていく。

近藤健介の圧倒的な出塁力

まずは、2ストライク時のOPSランキングから、昨シーズン追い込まれてから高い打撃成績を残した選手たちをみていこう(表1)。

表1 昨シーズンの2ストライク時のOPSランキング
順位名前
(チーム)
OPS出塁率長打率
1近藤 健介
(日本ハム)
0.7880.4080.380
2荻野 貴司
(ロッテ)
0.7240.3320.392
3鈴木 誠也
(広島)
0.7230.3740.349
4森 友哉
(西武)
0.7080.3560.351
5坂本 勇人
(読売)
0.7040.3190.385
6山川 穂高
(西武)
0.6990.2950.403
7筒香 嘉智
(DeNA)
0.6860.3310.355
8島内 宏明
(楽天)
0.6840.3390.346
9グラシアル
(ソフトバンク)
0.6820.2890.393
10デスパイネ
(ソフトバンク)
0.6760.3100.366

2ストライクでの対戦が100打席以上の選手が対象。チームは昨シーズン所属

昨シーズンの2ストライク時のOPSランキング1位に輝いたのは、リーグトップの出塁率・四球数を記録した日本ハム・近藤健介だった。近藤は2ストライクに追い込まれてからの出塁率・四球数でもトップの記録を残していた。また、昨シーズンのヒットのうち約6割を2ストライクから打っていたことからも、追い込まれた状況からでも抜群の粘り強さと選球眼を発揮していたといえるだろう

西武・山川穂高、ソフトバンク・グラシアルは2ストライク時の出塁率が3割を切っていたものの、長打率でカバーして高いOPSを記録した。通常、追い込まれたら「三振をしたくない」「バットを短く持って当てにいこう」と考える打者は多いはずだ。しかし、彼らは2ストライクでも三振を恐れず、自分のスイングをすることで好成績を残すことができたのだろう
参考:打者の長打力の評価指標IsoPとは!

柳田悠岐の驚異的なOPS

続いて、8月23日時点での2ストライク時のOPSランキングから、今シーズンの追い込まれた状況でも高い打撃成績を残している選手たちをみていこう(表2)。

表2 今シーズンの2ストライク時のOPSランキング
順位名前
(チーム)
OPS出塁率長打率
1柳田 悠岐
(ソフトバンク)
0.9710.4100.561
2荻野 貴司
(ロッテ)
0.9050.4690.436
3村上 宗隆
(ヤクルト)
0.8770.3820.496
3井上 晴哉
(ロッテ)
0.8770.3670.510
5吉田 正尚
(オリックス)
0.8350.4060.429
6浅村 栄斗
(楽天)
0.8230.3780.444
7鈴木 誠也
(広島)
0.8020.3580.443
8糸原 健斗
(阪神)
0.7720.3640.408
9近藤 健介
(日本ハム)
0.7660.3990.368
10ビシエド
(中日)
0.7480.3020.446

2ストライクでの対戦が50打席以上の選手が対象。8月23日時点での成績

今シーズン、2ストライクから最も優れた成績を残しているのはソフトバンク・柳田悠岐だ。言わずと知れた球界屈指の打者は、打者不利なカウントなどお構いなしに好成績を残している。投手にとっては、たとえ追い込んでからでも長打を打たれる可能性が高いため気が抜けないだろう。

また、昨シーズン新人王のタイトルを獲得したヤクルト・村上宗隆は、セ・リーグ記録を更新する184三振を喫しており、追い込まれてからの打撃が課題であった。しかし、今シーズンは2ストライク時のOPSランキングで3位にランクインしており、追い込まれてからでも持ち前の勝負強さを発揮している。今後も若き大砲の更なる成長に期待したい。

好打者は三振を恐れない

今回は、2ストライクという打者不利なカウントでも好成績を残している打者についてみてきた。打者にとって不利な状況でも好成績を残すためには、カウントに関係なく自分のスイングをすることが重要だろう。今後は、今回紹介した選手たちの2ストライクに追い込まれてからのスイングにも注目していきたい。

Baseball Geeks編集部