プロ野球

【プロ野球】左右どちらの打者にも強い投手は?組み合わせ毎の被OPSランキング

投打左右の組み合わせ毎の成績を比較すると、「左投手対左打者」では投手有利、「左投手対右打者」では打者有利である。投手からすると、打者有利な組み合わせにおいてでも好成績を残せるかが非常に重要といえる。
参考:【プロ野球】投手の左右に影響されない打者は?組み合わせ毎のOPSランキング

今回は、プロ野球昨シーズンの被OPSのデータを使い、対右打者・対左打者それぞれに強い投手を探っていきたい。

投打左右の組み合わせの違いによる被OPSの比較

まずは、打者の打席左右の違いによる右投手・左投手それぞれの被OPSを比較する(表1)。被OPSとは被出塁率と被長打率を足した指標であり、被OPSが小さいほど優れているといえる。

表1 投打左右の組み合わせ毎の被OPSの比較
投打左右の組み合わせ被OPS
投手 vs 打者0.734
投手 vs 打者0.710
投手 vs 打者0.748
投手 vs 打者0.648

右投手・左投手ともに、左打者よりも右打者と対戦した時の被OPSが悪かった(高かった)。圧倒的に投手有利な「左対左」に比べ、右投手は右打者に対して特別有利ではないようだ。

続いて、昨シーズンの全投手の被OPSランキングを見てみよう(表2)。

表2 NPB個人別被OPSランキング。データは2019年のもの
順位選手被OPS
1岩崎 優0.452
2ドリス0.455
3松井 裕樹0.486
4増田 達至0.522
5森原 康平0.537
6益田 直也0.538
8藤川 球児0.543
7山本 由伸0.547
9福 敬登0.552
10モイネロ0.556

100打席以上が対象。今シーズンNPBに在籍

トップ10には最優秀防御率の山本(オリックス)・最優秀中継ぎの宮西(日本ハム)・最多セーブの松井(楽天)などがランクインした。

ただし、内訳をみるとほとんどが救援投手である。先発投手は投球回数が多く、短いイニングで勝負球を多投できる救援投手と比べて好成績を残すのが難しいのかもしれない。山本は先発で唯一トップ10入りしており、特異な成績と言っても良いだろう。

右投手:対戦打者の打席の影響は小さい

ここからは、投打左右の組み合わせにおける被OPSランキングについて考察していきたい。まずは、打者の打席左右毎の右投手の被OPSランキングをみてみる(表3)。

表3 右投手の被OPSランキング(対右打者、対左打者)。データは2019年のもの
順位対右打者被OPS対左打者被OPS
1近藤 大亮0.445益田 直也0.358
2藤川 球児0.476宋 家豪0.388
3藤嶋 健人0.495菊池 保則0.425
4玉井 大翔0.516増田 達至0.456
5森 唯斗0.533安樂 智大0.462
6森原 康平0.537井口 和朋0.471
7島内 颯太郎0.545岸 孝之0.479
8ディクソン0.550守屋 功輝0.487
9有原 航平0.555山本 由伸0.495
10宮國 椋丞0.557ハーマン0.505

50打席以上が対象。今シーズンNPBに在籍

対右打者の被OPSランキング1位は近藤(オリックス)、対左投手の被OPSランキング1位は益田(ロッテ)であった。対右打者の被OPSと対左打者の被OPSにそれほど差はなく、右対右でもあまり有利ではないことがわかる。どちらかと言えば持ち球や球質によって成績が変わるのかもしれない。

昨シーズン最多勝の有原(日本ハム)は右打者に対して0.555(ランキング9位)、対左打者の被OPSも0.564(ランキング18位)と打者の左右に関係なく安定した成績を残している。打者の左右の違いに影響を受けることなく安定した投球ができることは、シーズンを通して戦っていくうえで非常に重要な要素であるといえるだろう。

左投手:右打者を苦としない投手は左打者にも強い

続いて、打者の打席左右毎の左投手の被OPSランキングをみてみる(表4)。

表4 左投手の被OPSランキング(対右打者、対左打者)。データは2019年のもの
順位対右打者被OPS対左打者被OPS
1福 敬登0.358岩崎 優0.365
2宮西 尚生0.388松永 昂大0.382
3松井 裕樹0.425松井 裕樹0.421
4岩崎 優0.456岡田 俊哉0.470
5小川 龍也0.462大野 雄大0.494
6島本 浩也0.471モイネロ0.499
7モイネロ0.479中川 皓太0.508
8田嶋 大樹0.487濵口 遥大0.510
9高梨 雄平0.495公文 克彦0.517
10塩見 貴洋0.505宮西 尚生0.523

50打席以上が対象。今シーズンNPBに在籍

対右打者の被OPSランキング1位は福(中日)、対左打者の被OPSランキング1位は岩崎(阪神)であった。対右打者の被OPSは全組み合わせの中で最も悪く(高く)、対左打者の被OPSは全組み合わせの中で最も良い(低い)。左投手は、対戦打者の打席によって成績が大きく変化することがわかる。右投手と比較しても得意不得意が明確で、起用や戦略が重要かもしれない。

また、昨シーズン最多セーブのタイトルに輝いた松井だが、今シーズンは再び先発に挑戦している。対右打者・対左打者ともに3位の被OPSを記録したハイレベルな投球がどこまで通用するかには大きく注目だ。

投手の起用方法も重要なポイント

今回は、投打左右の組み合わせのおける投手の被OPSランキングとその特徴について考察してきた。打者有利・投手有利な組み合わせが存在するが、投打左右の組み合わせに関係なく好成績を残せる投手の存在は、チームの勝敗を大きく左右するだろう。そのような投手をうまく起用できるか、首脳陣の采配からも目が離せない。

Baseball Geeks編集部