プロ野球

【セ・リーグ】Aクラスの前半戦をポジション別OPSから分析

新型コロナウィルスの影響で120試合の開催となった今シーズンのプロ野球も、すでにその半分が終了した。今回は8月終了時点でのセ・リーグAクラスのポジション別OPSに注目して、後半戦の各チームの戦い方について考えていきたい。
参考:ポジション別OPSからみるチーム編成と育成

読売:多くのポジションで高い打力を発揮

首位を快走する読売は、実に7つのポジションでリーグ平均以上のOPSを記録している(表1)。中でも捕手・三塁手・遊撃手・中堅手はリーグトップの数値であり、それぞれのポジションで多く起用されている大城卓三・岡本和真・坂本勇人・丸佳浩の打撃面での貢献度の高さを表している。特に捕手と遊撃手はOPSが低い守備型のポジションであるため、打力が高い大城・坂本はまさにチームに欠かせない存在であるといえるだろう

表1 8月終了時点での読売のポジション別OPS

二塁手のOPSはリーグ平均を下回っている。しかし、二塁手は多くのチームが強打者を起用していないポジションであり、このことを考慮するとチームにとってそれほど大きな弱みとはなっていないだろう。それ以上に、その他のポジションの打力の高さが際立っており、ここまでは盤石の戦いぶりだといえる

DeNA:新キャプテン佐野が筒香の穴を埋める大健闘

今シーズンのDeNAは、メジャー挑戦をした筒香嘉智が守っていた左翼手の穴埋めが不安要素として挙げられていた。しかし、ここまで同ポジションのOPSはリーグトップを記録しており、新キャプテンの佐野恵太が筒香の抜けた穴を完全に埋めることができている(表2)。

他にも二塁手・中堅手のOPSがリーグ平均を大きく上回っている。これはソトや梶谷隆幸による打撃面での貢献度の高さを表している。特にソトのように打力が高いだけでなく、複数のポジションを守ることができる選手がいることはチームにとっての強みといえるだろう。

表2 8月終了時点でのDeNAのポジション別OPS

一方、主にロペスが守る一塁手のOPSはリーグ平均を大きく下回っている。今後リーグ首位を狙うためには、最もOPSが低いこのポジションでの打力を確保し、チームの弱点を改善していきたい

阪神:センターラインの打力向上がポイント

開幕ダッシュに失敗した阪神は、徐々に調子を上げAクラスでシーズンを折り返した。注目すべきは梅野隆太郎が守る捕手のOPSである(表3)。先述の通り、守備型のポジションである捕手は平均OPSがかなり低い。そのため、同ポジションで高いOPSを記録できていることはチームにとって大きなアドバンテージであるといえる

表3 8月終了時点での阪神のポジション別OPS

一方、二塁手・遊撃手・中堅手のセンターラインのOPSはリーグ平均を大きく下回っている。これは昨シーズン、ルーキーながら打線を牽引した木浪聖也・近本光司の不調、そしてキャプテン糸原健斗のケガによる離脱の影響が大きい。残りの試合でAクラスをキープしていくためにも、平均程度のOPSを稼げるポジションをひとつでも増やしていきたい。

首位読売の独走を止められるか!

ここまで、8月終了時点でのセ・リーグAクラスのポジション別OPSをみてきた。

多くのポジションでリーグ平均以上のOPSを記録している読売は今後も得点を積み重ねていくだろう。DeNAは新キャプテン佐野の活躍が目立つが、一塁手の得点力が低く大きな弱みとなっている。阪神はセンターラインでのOPSが低く、今後ひとつでも多くのポジションで平均程度の打力を確保できるかがポイントだ。

Baseball Geeks編集部