Geeksウェビナーの詳細はこちら

詳細



5 件
有料

【甲子園特集】動作分析から考える投球制限ルールと障害予防



目次
高校野球は投球制限でどう変わる?
P投球制限で障害予防できる?
P肘を痛める原因は何?
P投球障害を抱える球児たちへ

高校野球は投球制限でどう変わる?

「Baseball Geeks×甲子園~高校球児の今と昔、そして未来~」の連載は第二弾。

今回は投球障害をテーマに取り上げ、特に肘の怪我について掘り下げていく。2020年春から、高校野球では投球制限のルールが追加された。2022年までの試用期間であることが発表されているが、このルールによって高校野球はどう変わるのだろうか。また、高校球児は何を考えるべきなのか。投球のバイオメカニクスを研究しているネクストベース主任研究員の神事努に聞いた。

参考:【甲子園特集】解説者・前田正治氏が語る!高校野球の今と昔(前編)

神事 努(じんじ つとむ)

博士(体育学)。ネクストベース・エグゼクティブフェロー。国学院大学人間開発学部健康体育学科准教授。野球における投球動作のバイオメカニクス的分析が専門。2016年まで東北楽天ゴールデンイーグルスの戦略室R&Dグループに所属し、チームの強化を推進。

スタンダードプランに登録無料すると

記事の続きや、コメントを読むことができます。

神事 努(ネクストベース主任研究員)