投球理論

“回転数多い=ノビのある球”ではない? データから迫る「ノビ」の正体

【こんな人におススメ】
投手、指導者、デバイスで回転数を計測している選手

「ノビのあるボール」。

野球ではごく当たり前のように使われる言葉であり、指導現場や試合中の解説でも耳にする事が多い。しかし、「ノビのあるボール」とは一体何なのか。これまでは指導者や選手の主観で表現されていたが、トラッキングデータの普及によりこの「ノビ」という言葉は客観的に評価できるようになった。今回は、このボールの「ノビ」という言葉の正体をトラッキングデータで明らかにしていきたい。

キーワードは「回転軸の方向」

メジャーリーグでは全球場にトラックマンが設置され、そのデータの一部は一般公開されている。さらに、近年ではアマチュア選手が手軽に測定できるデバイスも登場。トラッキングデータの一般化は急速に加速している。ボールの「球質」を考えるにあたり、最も注目を浴びているのが「回転数」だ。
参考:「トラックマン」とは?最先端の計測機器で取れるデータを紹介!!
一見、回転数が多いボールはノビるボール、という印象を持ちやすい。しかし、必ずしも回転数の多さとボールの変化量が比例するとは限らないのだ。その理由はボールの回転軸の方向にある。
仮に、ボールの回転軸が進行方向と直角な、つまり純粋な「バックスピン回転」の投球であれば、回転数が増えれば増えるほどボールを変化させる力(揚力)がはたらく(図1)。

図1 回転軸とボールの変化の関係(純粋なバックスピンの場合)

しかし、回転軸が進行方向と平行な、いわゆる「ジャイロ回転」のボールは、いくら回転数が増えても揚力は作用しない(図2)。つまり、ジャイロ回転のボールは回転数が増えてもボールは変化しないのだ。

図2 回転軸とボールの変化の関係(ジャイロスピンの場合)

少々難解な説明となったが、回転数「だけ」ではどのようなボールかわからないということだ。メジャーリーグでも回転数偏重の報道や指導は減りつつあり、「回転数だけではボールの評価はできない」という認識に変わりつつある。

ボール変化量とは

では、球質を知るうえでどんなデータを見ればいいのだろうか。ここでは、「ボール変化量」という指標を紹介したい。
ボール変化量とは、重力の影響のみを受けてボールが到達する地点を原点としたとき、揚力の影響を受けてボールがどれくらい変化したのかを数値化した指標のこと。ボールの回転数と回転軸が揚力を決定する「原因」であり、ボール変化量はそれらによって変化した「結果」とイメージするといいかもしれない。

図3 ボール変化量の定義。実際の投球(黄線)が原点(青線)からどれくらい変化したかを示す

実際にボールが浮き上がることはないが、ほとんどの投手の速球は原点(図中青線)よりも左上に到達する。本稿ではこのボール変化量を使い、ボールの「ノビ」の正体を説明していこう。
参考:ホップ成分が大きい速球は空振りを奪いやすいって本当!?

日ハム吉田輝星投手の快速球の秘密

昨夏の甲子園を沸かせた、現北海道日本ハム吉田輝星投手を例に解説しよう。秋田県の高校野球強化プロジェクトで測定した金足農業高校時代の吉田投手のデータを、プロの投手や高校生投手と比較してみる。
吉田投手の速球は非常に横変化(シュート成分)が少なく、縦変化(ホップ成分)が大きな、いわゆる「真上にノビる」ような速球だ。高校生平均よりも21センチもボールが上に到達するため、打者からすると見慣れているストレートよりもボール2、3個分ノビてくるように感じる。

図4 投手方向から見たボール変化量(左投手は反転)

空振りを量産するのはもちろん、夏の甲子園では打者が低いと判断したボールがストライクゾーンに来るため、見逃し三振の場面も多くみられた。このような平均を上回るホップ成分こそがボールの「ノビ」の正体であり、打者の予想を裏切る変化のボールこそ打者の打ちにくいボールなのであろう。

吉田投手はルーキーながらすでに1軍の一流打者相手に、堂々たる投球を見せている。プロの投手たちと比較してもストレートのホップ成分は非常に大きく、プロ初勝利を挙げた広島戦(6月12日)でも、その球質の特異性に驚く打者の姿が印象深かった。時期尚早かもしれないが、将来的にはプロのステージでも空振りを量産できる投手になっていくかもしれない。

今回は、「ノビるボールの正体」を科学的に解説した。このように、球質が客観的にわかるようになるとプレイヤーだけでなく観戦者の新たな楽しみ方も創出できるだろう。「昨日のマエケンの速球のホップ成分は50センチ超えてたぜ!」のような野球談義が居酒屋で起こる日はそう遠くないだろう。

<引用>
神事努(2013): プロ野球投手のボールスピンの特徴 . 日本野球科学研究会第一回大会報告集:24-26