投球理論

「球持ちの良さ」は本当に重要? ピッチングへの影響をデータで探る

「あの投手は球持ちがいいから、いい投手」「打者の近くでボールをリリースしろ」
このように「球持ち」を肯定する指導者や解説者の言葉を耳にしたことがあるだろう。今回は2018年のメジャーリーグのデータを使って球持ちの秘密を探っていきたい。
参考:メジャーリーガーの平均的なボールって?

目次:球持ちの良さって本当に重要?
球持ちの指標となる、エクステンションというデータ
球持ちが良いとやはり打者は打ちにくい?
それぞれのフォームの最適なリリース位置を探ることが重要

今回は「エクステンション」というデータを使う。これは、ボールリリース時のピッチャープレートからリリース位置までの「ホームベース方向の」距離である。イメージとしては、投手の真上(上空)から見たプレートとリリース位置の差である。
この位置はあくまでマウンドを基準にした距離であるため、いわゆる球持ちとは厳密には一致しないことに留意しつつ分析を進めていく。

動画1 エクステンションのイメージ

打者に対する「球持ち」の効果

効果を検証する前に、なぜ指導者や解説者が球持ちを肯定するかを考える。球持ちを支持する理由として、以下の2つが考えられる。
ひとつは「相手打者の打ちにくさ」、もうひとつは「投手が投げるボールの良しあし」だ。
本稿では2018年に投球された全ての4シーム、約25万球を対象に、エクステンション1センチ毎の各データの変化を分析。投打の両面から球持ちの効果を考えていく。

まず、エクステンションの長さが相手打者にどのような影響を与えているのかを見ていく。
下記はエクステンションと平均被打球速度の関係を示した(図1)。バラツキが大きいものの、少しずつ被打球速度は低下している。

図1 エクステンションと平均被打球速度の関係

また、空振り割合との関係を見ても、エクステンションが大きくなるにつれて少しずつ空振りが増加していることがわかる(図2)。

図2 エクステンションと空振り割合の関係

これらの結果を総合すると、わずかではあるものの定説通り「球持ちが良いボールは打者が打ちにくい」ように感じる。しかしながら、これだけで安易に「球持ちの効果」を判断してはならない。本当に球持ちの効果であるかという問題を考えなければならないのである。

投げるボールの「球持ち」の効果

次に、投手のボールという観点からデータを見てみたい。下記にエクステンションと平均球速の関係を示した(図3)。

図3 エクステンションと球速の関係

平均を超えるあたりまでは球速が高まっている。力積(力が作用した時間と、その力との積)の観点から考えると、エクステンションが大きくなるにつれボールに長い時間力を与えることとなり、スピードが高まりやすいのかもしれない。空振り割合は球速と高い相関にある。先述した空振り割合にも少なからず球速の効果が影響していると推察される。

続いて、エクステンションとリリース高の関係を見る。

図4 エクステンションとリリース高の関係

エクステンションが大きくなるにつれて、リリース高が低くなっている。おそらく、オーバーハンド・スリークオーターハンドの投手がいわゆる「前」でボールをリリースしようとするにつれて、リリース高は低くなっていくのであろう。

リリース高が低くなると、打者に向かうボールの入射角は小さく(水平に近く)なる。速球はボールの入射角が小さくなるにつれて、空振り割合が高まることも分かっており、こちらも同様に空振り割合に影響している可能性が高い。
参考:ホップ成分が大きい速球は空振りを奪いやすいって本当!?

一度整理すると、エクステンションが大きくなるにつれて空振り割合は増加している。しかし、それらには球速や入射角度の効果が影響している可能性が見られ、必ずしも球持ち「だけ」を肯定するデータとはなり得ないということである。

球持ちの良さは、球速を高める効果あり?

投打の観点から球持ちの効果を考えてきたが、被打球速度や空振り割合はやや良化している一方、球速や入射角度の影響が強く、球持ちだけの効果とは言い切れない結果であった。
ただし、別観点から考えて、もし球持ちの良さが球速を高めているのであれば、結果的に球持ちは効果的だということになる。球持ちと球速の関係について、もう少し考えていきたい。

先ほどのデータでは、エクステンションが高まると球速も高まっており、一見球持ちがいいと球速が高まるように感じる。しかし、これでは「そもそも体の大きな投手」の影響を除けていない。体の大きな投手は、いわゆる前でリリースするフォームでなくともエクステンションが大きくなる可能性があるためだ。

そのため、最後に、エクステンションでリリース高を除したエクステンション比と球速の関係を見てみたい(図5)。

図5 エクステンション比と球速の関係

エクステンション比は、いわゆる「前」でリリースするフォームだと、大きくなっていく。データを見ると、平均をやや超えるあたりまでは球速と比例関係にある。先述したように、前でリリースするとボールに長く力を与えることができ、球持ちは球速を高める効果を持つかもしれない。

ただし、エクステンション比が大きくなりすぎると、逆に球速に対してネガティブな影響を与えている。つまり、無理矢理前でリリースし「過ぎる」と逆に球速が低下する可能性を示唆しており、必ずしも球持ちを長くすればいいとは言えない

また、投球フォームは非常に個別性が強く、これらの法則から逸脱してスピードボールを投げる投手も多く存在する。球持ちだけを肯定するのではなく、それぞれのフォームの「最適なリリース位置」を探ることが重要なのだろう。
参考:球速に影響を与える遺伝要因とは?身長、筋力データで検証!

「打者を打ち取ること」が投手の真の目的

球持ち自体の効果かどうかはさておき、球速という観点に関しては指導者や解説者が言うように、ある程度有効なことが明らかとなった。
しかし、過度に球持ちを長くしようとすると、逆に球速低下につながりかねないことも同時に示唆されており、球速を高めるにはそれぞれのフォームの最適なリリース位置を探ることが重要なのだろう。
また、上原浩治投手(元巨人ほか)のようにエクステンションが極端に短い事(メジャー平均188センチに対し上原投手は160センチ台)で打者のタイミングを外している投手もいる。

投手の真の目的は「いいボールを投球すること」ではなく、「打者を打ち取ること」。そのためにどんなボールを投球するかは「打ち取るための手段」であることを念頭に入れて考えるべきであろう。