投球理論

「外角低め」は本当に安全!? 投球データを分析し見えたものとは

野球指導において「低め」という言葉をよく聞くことがある。一口に低めと言っても「内角低めと外角低めでは大きく違う」と感じる人も少なくないだろう。内角に比べ、「外角低めは安全」「外角低めは投球の基本」との声もよく耳にする。そこで今回は、外角低めの安全性を検証するとともに、「最も打たれにくいコース」を探っていきたい。

目次:「外角低め」は本当に安全!?
最も打球が飛ばない「外角低め」
低めはゴロになりやすい?
データから読み取る有効なコース

最も打球が飛ばない「外角低め」

今回は2018年のメジャーリーグでの全打球、約13万球を対象とし、9分割したストライクゾーン内のコースごとの打球特性を分析した。なお、内外角の効果を検証するため、左打者のデータは反転している。

図1 コース別の飛距離(単位はメートル)※左打者は反転

まずコース別の飛距離を見てみると、最も飛距離が短いコースは外角低め(41.8メートル)であった。飛距離が短いと長打や本塁打を浴びる可能性は低くなり、失点のリスクも低くなる。やはり従来の指導のように、「外角低めは安全なコース」であると言ってもいい。

一方、最も飛距離が大きかったのは真ん中高め(63.7メートル)高めはどのコースも飛距離が大きかった。高めになればなるほど飛距離が伸びており、高めはどのコースであってもリスクが高いと言える。コースの影響だけを考えると、投手は「外角に投球すること」よりも、「低めに投球すること」を意識する方がリスクを抑えられるかもしれない
参考:「低めに投げろ」ってホント?データで探る野球指導の常識

打球の速度と角度からも安全性を裏付け

次に、飛距離を構成する打球速度と打球角度から、細かな打球の考察をしてみたい。コース別の打球角度と打球速度を示したデータを見ると、それぞれ違った特徴が見られた。

図2 コース別の打球角度(単位は度)
図3 コース別の打球速度(単位はkm/h)

低めは全コースで打球角度が小さかった。飛距離が小さくなりやすい要因は打球角度にあるようだ。スイング動作の研究においても低めのコースはスイングの角度が小さく、ダウンスイング気味になりやすいことが分かっており(森下ら、2016)、スイングの特性上角度が上がらずゴロになりやすいのだ。

また、飛距離が最も伸びなかった外角低めは、打球速度・打球角度ともに低値だった。本稿では割愛するが、全球種において同様の傾向を見せており、非常にリスクの低いコースだと言える。「外角低めは投球の基本」という従来の指導は決して大げさではなかったのだ。
参考:真っ向勝負は時代遅れ?球種別のイベントの特徴!

抑え込める可能性と長打の危険性を併せ持つコース

また、内角高めも興味深い。打球速度を見ると、全コースの中で最も遅いことが分かる。このコースでスイングを加速するためには打つポイントをより投手寄りにする必要があり、打球速度を高めるのが難しい。
参考:打球速度を決める運動量とは!バットの質量×スイング速度)
一方で、内角高めの打球角度は全コースの中で最も大きくなっていた。研究結果によると、投手寄りのポイントでは、スイングの角度が上昇する軌道(アッパースイング気味)でインパクトを迎える事が報告されている(森下ら、2018)。
前述の通り、ポイントを投手寄りにする必要のある内角高めでは、打球角度をつけやすいのであろう。そのため、内角高めへの投球に対してうまく投手寄りのポイントで捉えられた場合、打球速度も打球角度もついた長打となる可能性も高い。

整理すると、内角高めは打球速度が低いため、弱い打球を打たせて抑える事ができる一方で、打球角度が大きくなる可能性もあり、長打の危険性も含むコースなのだ。

データで野球の常識に切り込む

今回は、Statcastのデータを使い「最も打たれにくいコース」はどこなのかを探ってきた。コースによる影響は大きく、「外角低めは投球の基本」との野球指導の常識を裏付ける結果となった。

また、内角高めに代表されるように、打者のスイングの特性から有効なコースを考える事もできることが分かった。自身の球質だけでなく、スイング特性を加味して考えるとより投げるべき最適なコースが見えてくるかもしれない。

データの発展が進んだことにより、フライボール革命をはじめとした新たな野球理論が創出された。しかし、必ずしも新たな理論が創出されるだけではない。今回のように、従来の野球指導を裏付けることもできるのである。

参考文献:
森下ら(2016). 投球コースの違いがバットスイングに及ぼす影響 プロ野球選手と大学野球選手との比較. 野球科学研究会報告集,p126-127、森下ら(2018). バットスイング軌道からみた左右方向への打球の打ち分け技術. 体育学研究, 63:237-250