プロ野球

日本ハムの新外国人バーべイトを分析!150キロ超えの速球と高速変化球が特徴

今シーズン日本ハムに加入したバーベイトは、先発、中継ぎ両方で起用されている。ここまで2勝を挙げているが、まだまだ安定した投球ができているとは言えない。今回はメジャー時代のバーベイトのトラックマンデータを分析し、活躍のポイントを探っていきたい。

日本ハム新外国人投手バーベイトのここが凄い!!
平均150キロを超える4シーム!!
全変化球がメジャー平均以上の球速!

平均150キロを超える4シーム

まずは各球種の球速と投球割合をみていく。バーベイトは5球種を投球している。投球割合は4シームが49%とほぼ半分を占めており、その4シームの球速は150キロを超えていた。

表1 球種別の球速と投球割合。投球割合の約半数が4シームである
球種球速
(km/h)
球速
(%)
投球割合
(%)
4シーム151.8
(150)
100.0
(100)
49
2シーム151.7
(148)
99.9
(100)
8
スライダー138.1
(136)
90.9
(91)
22
チェンジアップ136.5
(136)
89.9
(91)
17
カーブ128.0
(126)
84.3
(85)
4

カッコ内はメジャー平均。2018年シーズンのデータで分析

4シームの他にはスライダー、チェンジアップが投球の中心となっている。変化球が高速なのも特徴で、すべての球種の球速がメジャー平均を超えていた。
参考:【2019年】新外国人投手を徹底解剖!トラックマンデータでみる速球1位は!?

変化球のバリエーションがカギ!

続いて、各球種のボール変化量を見ていく。投球の中心である4シームは平均的な球質と言える。

図1 各球種のボール変化量。スライダーは横変化の量がメジャー平均よりも少ない

スライダーは横の変化量が少なく、ジャイロ回転系の縦系のスライダーといえる。左右よりも縦の揺さぶりで空振りを狙えるボールだろう。チェンジアップは落差が大きい球質である。スライダー同様縦の揺さぶりで勝負するボールといえるが、やや球質のバラつきが大きいため安定化が課題かもしれない。

投球割合が少ない球種にも特徴がある(表2)。まずは2シームだ。変化は小さく、4シームから少しだけシュートし、落ちる球質である。球速がほぼ同じなためしっかりとコースに投球できればゴロを打たせる球種として有効となるだろう。

表2 各球種のボール変化量。2シーム、カーブにも特徴あり
球種球速
(%)
回転数
(rpm)
横変化
(cm)
縦変化
(cm)
4シーム100
(100)
2049.3
(2263)
20.3
(19)
39.0
(40)
2シーム99.9
(100)
2089.9
(2142)
30.3
(37)
35.0
(24)
スライダー90.9
(91)
2255.4
(2394)
-5.1
(-14)
0.5
(5)
カーブ84.3
(85)
2607.4
(2494)
-28.7
(-24)
-28.8
(-23)
チェンジアップ89.9
(91)
1261.3
(1775)
27.6
(34)
8.5
(18)

カッコ内はメジャー平均。2018年シーズンのデータで分析

メジャー時代はリリーフとして登板していたため、主に4シーム・スライダー・チェンジアップの3球種による構成だったのかもしれない。しかし、先発投手としてロングイニングを投げる際には、2シームやカーブといったボールを駆使して様々な打ち取り方ができる投球をしたい。
参考:「先発タイプ」ってなに?持ち球からその適性を考える

長いイニングを投げ切れるか?

日本ハムは今シーズン、先発投手が少ないイニングを投げ、本来先発する投手がロングリリーフを行う「オープナー」を採用している。バーベイトは先発と中継ぎ両方をこなすバーベイトは、投手陣が苦しい夏場以降にキーマンとなるかもしれない。

動画:バーべイトのメジャー時代の投球

ジョニー・バーベイト プロフィール

1991年7月11日生まれ、27歳、右投右打
パドレス10‐ヤンキース-パイレーツ-タイガース-日本ハム19
通算メジャー成績 1勝3敗