「ノビのあるボール」の正体とは?トラックマンデータで解明!

「ノビのあるボール」野球界ではごく当たり前のように使われ、指導現場や試合中の解説でもよく耳にする言葉だ。
これまでは指導者や選手の主観で表現されていたこの言葉だが、トラックマンの普及によって客観的に評価出来るようになった。

今回は、このボールの「ノビ」の正体をトラックマンデータで明らかにしていきたい。

目次:「ノビのあるボール」の正体とは?
「回転が多い=ノビがある」ではない!?
回転数だけではボールの質を評価できない理由
「ノビ」の正体は平均よりも「落ちない」ボール!?

「回転が多い=ノビがある」ではない!?

トラックマンが登場し、最も注目を浴びたのは「回転数(スピンレート)」だ。
一見、回転数が多いボールはノビるように感じるボールという印象を持ちやすい。しかしながら、必ずしも回転数の多さとボールの変化の大きさは一致するとは限らないのだ。

その理由はボールの回転軸の方向にある。
もし投球したボールの回転軸が進行方向と直角(=バックスピン)であれば、回転数が増えれば増えるほどボールを変化させる力(揚力)がはたらく。しかし、回転軸が進行方向と平行なボールいわゆるジャイロ回転のボールは、いくら回転数が増えても揚力は作用せず、ボールは変化しないのだ(図1、2はスマホ版はタップで切り替え)。

図1 回転数とボールの変化の仕組み。回転軸がバックスピンであれば変化は大きくなる
図2 回転数とボールの変化の仕組み。回転数だけではボールの質は評価できない

少々難解な説明となったが、つまりは回転数「だけ」ではどんなボールかわからないということだ。
一方で、トラックマンではボール変化量を直接計測することが出来る(図3)。

図3 ボール変化量の定義。実際の投球(黄線)が原点(青線)からどれくらい変化したかを示す

これは、重力の影響のみを受けてボールが到達した地点を原点としたとき、揚力の影響を受けてボールがどれくらい変化したのかを数値化した指標だ。実際に浮き上がることはないが、ほとんどの投手の4シームは原点(図中青線)よりも左上に到達する。このボール変化量を使い、ボールの「ノビ」の正体を説明していこう。
参考:メジャーリーグで投球される球質の特徴~ボール変化量とは~

「ノビ」の正体は平均よりも「落ちない」ボール

巨人復帰を果たした上原浩治を例に解説する。上原とメジャーリーグ平均値のボール変化量をプロットした(図4)。
上原の4シームの縦の変化量(ホップ成分)は約53センチで、メジャー平均よりも10センチ以上大きかった。

図4 上原の2017年のボール変化量。薄色はメジャーリーグ平均値

打者は平均的な変化のボールを見慣れている。そのため予想を上回るホップ成分のボールに対しては、実際には浮き上がるわけではないにもかかわらず「ノビ」ているように感じるのだ。

実際に、上原の4シームは140キロ前後の球速ながら高い空振り割合を記録していた。この平均を上回るホップ成分こそがボールの「ノビ」の正体であり、打者の予想を裏切る変化のボールこそ打者の打ちにくいボールなのだ。
参考:電撃復帰!上原浩治は巨人の救世主となるのか!「打たれない」140キロの秘密をトラックマンデータで徹底解析!

また一方で、ノビの大きな4シームだけが有効なボールではない。Baseball Geeksでは今後のコラムでも、有効なボールを「科学」していくので、楽しみにしていてほしい。

(敬称略)

Featured Posts