今なら無料でウェビナーに参加できる!

詳細



1 件
プロ野球

【プロ野球】年間アワード直前!今季のベストOPSナインを発表!



目次
村上宗隆を代表する脅威のヤクルト上位打線
浅村栄斗率いる強打の楽天内野陣
ベストナインに輝くのはどの選手か

異例続きだった今シーズンのプロ野球も終了し、年間表彰式であるNPB AWARDS 2020の開催が12月17日に迫っている。表彰式では各ポジションで優秀な成績を残した選手をベストナインとして選出するが、どの選手が受賞をするのか注目しているファンも多いことだろう。

今回は、得点との相関が高くチームの勝利への貢献度を評価することができるOPSを用いて、ベストナインならぬ「ベストOPSナイン」を紹介する。なお、各選手のポジションに関して、それぞれ出場試合数が1番多いポジションをその選手のメインポジションと定義した。
参考:打者の評価指標OPSとは!

村上宗隆を代表する脅威のヤクルト上位打線

まず初めに、セ・リーグのベストOPSナインを紹介する(図1)。村上宗隆・山田哲人・青木宣親と、ヤクルトの3選手がそれぞれのポジションでトップのOPSを記録した。特に、村上と青木はリーグトップと2位の成績を残している。チームは最下位に終わったものの、彼らが起用されてきたヤクルトの上位打線はリーグ屈指の破壊力であったことがわかる

図1 セ・リーグのポジションごとのベストOPSナイン

独走優勝を果たした読売からは、坂本勇人・丸佳浩がベストOPSナインに名を連ねた。さらに、大城卓三・吉川尚輝もそれぞれのポジションのトップに引けを取らない好成績を記録しており、センターラインの高い打撃力が優勝の原動力であるといえるだろう(表1)。

捕手では、広島の會澤翼と坂倉将吾がワンツーフィニッシュを果たした。捕手はその他のポジションと比較してOPSが低い。強打者の起用が少ない同ポジションにおいて、高い得点力を確保していることは広島の大きな強みといえるだろう。
参考:【セ・リーグ】2020年のポジション別OPSを分析!~Bクラス編~

表1 セ・リーグのポジションごとのOPSランキング

※今シーズン200打席以上の選手を対象。

浅村栄斗率いる強打の楽天内野陣

続いて、パ・リーグのベストOPSナインを紹介する(図2)。浅村栄斗・鈴木大地・茂木栄五郎・ロメロと楽天の選手が4ポジションにおいてトップのOPSを記録した。特に浅村は2位と大差をつけており、極めて優秀な成績を残している(表2)。楽天はBクラスだったものの、強打の内野陣であったことがわかる。現在、自由契約となっているロメロの去就に注目が集まるが、チームとしては彼が抜けた場合の穴埋めは容易ではないかもしれない。

図2 パ・リーグのポジションごとのベストOPSナイン

パ・リーグ全体では、柳田悠岐がリーグ1位のOPSを記録した。柳田は2015~2018年までにも4年連続でパ・リーグトップのOPSを記録しており、まさに現役最強打者と呼ぶにふさわしいだろう。ベテランと呼ばれる域に入っても衰え知らずの打棒を披露しており、今後の活躍にも益々期待がかかる。
参考:【パ・リーグ】2020年のポジション別OPSを分析!~Aクラス編~

また、パ・リーグのベストOPSナインには、リーグの全球団の選手が含まれている。本家のベストナインでは、全球団から選手が選出されることは比較的稀であり、パ・リーグでは2010年を最後に達成されていない。今年は珍しい記録が達成されるチャンスといえるかもしれない。

表2 パ・リーグのポジションごとのOPSランキング

※今シーズン200打席以上の選手を対象。

ベストナインに輝くのはどの選手か

ここまで、今シーズンのベストOPSナインを紹介した。今回の選出には得点力を表すOPSのみを用いたため、17日に発表されるベストナインの選手とは異なることも大いに考えられる。しかし、このベストOPSナインが本家ベストナインを予測する際の参考として楽しんでもらえれば幸いである。

スタンダードプランに登録無料すると

記事の続きや、コメントを読むことができます。

Baseball Geeks編集部