過去のウェビナー動画を公開しました!

詳細



3 件
打撃理論

スイング速度を高めるためのエクササイズとは?



目次
P打撃動作の特徴と基本的なメカニズム
Pスイング速度の向上に求められる力発揮
P爆発的な力発揮を促進するバリスティックエクササイズ
P各選手の課題に合ったエクササイズを選択しよう

ホームランは野球の醍醐味であり、子供の頃、誰もがホームランを打ちたい(遠くへ打球を飛ばしたい)と考えていたことだろう。
打球の飛距離を伸ばしたい場合、ボールの速度を高め、上向き約30°の角度で打ち出すことが重要である(Nathan, 2012)。また、このような打球を打つためのボールインパクトの条件として、バットのスイング速度が大きいこと、バットが上向きの軌道(アッパー軌道)でボール中心のやや下側に衝突することが必要となる(Sawicki et al., 2003, 城所ら, 2011)。では、スイング速度を高め、アッパー軌道で打つにはどのような取り組みを行えばよいのだろうか。
この記事では、ホームランを放つ(飛距離を伸ばす)ための重要な要因であるスイング速度を向上させるための具体的なエクササイズについて、科学的な知見をもとに考えてみる。

スタンダードプランに登録無料すると

記事の続きや、コメントを読むことができます。

森下 義隆(新潟医療福祉大学)