打撃理論

注目の指標バレルとは?打球速度と打球角度の重要性

これまで打者を評価する上で使われていた指標は、打率・本塁打といったものが主であった。それらは「結果」をベースにした指標であり、運や機会に左右されるため、ある程度積み重ねないと評価するのが難しい指標であった。
そこで、今最も注目されている指標が打球速度だ。中継でも度々取り上げられており、目にしたことのある読者も多いかもしれない。これはStatcastで取得できるデータの一つであり、打者が放った打球の初速を示している。
参考:スタットキャストとは?メジャーの最先端技術を紹介!
読者のみなさんも、打球速度は速い方がいいのだろうと、何となく感じているかもしれない。速い打球には具体的にどのようなメリットがあるのだろうか。今回はこの打球速度の奥深さに注目したい。

目次:注目の指標「バレル」とは? 打球速度と角度の重要性
セイバーメトリクスからみる打球速度
「バレル」に必要な打球速度と打球角度
「見える」データをプレーに生かす

セイバーメトリクスからみる打球速度

まず紹介したいのは、打球速度毎の結果割合について。データをみると、打球速度が高くなるにつれて長打が増加している。特に本塁打は、150km/hを超えたあたりから急激に増加。二塁打や三塁打をみても、この地点を境に発生割合が増えている。打球速度150km/hは長打を放つためのひとつの目安となるかもしれない。(図1)

図1 打球速度別の結果割合

さらに、他にも興味深いデータがみえてくる。単打の割合が急上昇する地点も150km/h付近ということだ。くしくも長打の割合が急増する地点と一致しており、打球速度が速くなると「単打も長打も」増える。長打狙い・単打狙いという言葉にあるように、単打は「うまく打つ」ようなイメージを持たれがちだが、速い打球になるとゴロやライナーでも内野の間を抜けていくことが頻発し、結果的に単打も増加するのだろう。
また、110km/h付近に一度単打割合が上昇している地点がある。これはいわゆる「ポテンヒット」系の打球が発生する地点であり、長打はほとんど発生しない。第1回で紹介したように、打率よりもOPSの方が得点への貢献が高く、このような打球では得点への貢献は大きくない。打球速度を高めて長打を増やすことが、打撃で最も重要だと言えるだろう。
参考:上から叩くな!新しいスイング理論

打球速度で評価されたジャッジ

打球速度は選手を評価するうえでも大きな注目を集めている。ここではヤンキースの主砲、アーロン・ジャッジの例を紹介したい。

ジャッジは2016年シーズン終盤に、トップレベルの打球速度を残した。当時はデビュー初年度で出場試合こそ少なかったものの、首脳陣は強打者の片りんをのぞかせたジャッジに大きな期待をかけた。すると、レギュラーに定着した翌17年に見事本塁打王に輝き、すぐさまその打力を証明したのだ。このジャッジの例のように、打球速度は「真の強打者」を見つけ出す指標のひとつとして活用されてきている。
参考:ヤンキース・アーロンジャッジの凄さとは
昨シーズンのメジャーリーグの打球速度ランキングをみても、タイトル経験者を含め軒並み強打者たちが名を連ねている。

表1 MLB平均打球速度ランキング(2018年度)
順位 名前平均打球速度
(km/h)
最高打球速度
(km/h)
1A.ジャッジ
(ヤンキース)
152.5193.0
2N.クルーズ
(マリナーズ)
151.2188.3
3J.ギャロ
(レンジャーズ)
151.1189.1
4D.パルカ
(ホワイトソックス)
150.9195.9
5R.カノー
(マリナーズ)
149.8182.5
6M.オルソン
(アスレチックス)
149.8182.3
7M.チャップマン
(アスレチックス)
149.7185.6
8J.D.マルティネス
(レッドソックス)
149.6187.8
9M.トランボ
(オリオールズ)
149.4182.5
10T.ファム
(レイズ)
149.3180.4
11大谷翔平
(エンゼルス)
149.0183.3

※イベント数200以上の打者が対象
イベント=打者がスイングした際に起こる場面(空振り、ファウル含む)

18年は大谷翔平(エンゼルス)がトップ10に次ぐ11位の成績を残した。打球速度でみれば大谷はメジャーの強打者にも遜色ない能力であり、打者に専念する今シーズンはどんな成績を残すのか今から楽しみでならない。

「バレル」に必要な打球速度と打球角度

膨大な打球データが積み重なることにより、メジャーリーグでは「バレル」という新指標も登場した。そのゾーンに入った打球は打率5割、長打率1.500を超えるという打球速度と打球角度の組み合わせであり、実際に16年にバレルゾーンに入った打球の成績は、打率8割2分2厘、長打率2.386を超えていた。

打球がバレルとなるには、少なくとも打球速度が158キロ以上必要とされる。その際は26〜30度の範囲のみバレルとなるが、打球速度が上がる毎に角度の範囲は広がっていく。閾値(しきいち:一線を越える値)である187キロに到達すると、なんと8〜50度の範囲でバレルとなる。
 

図2 バレルゾーンの説明図【出典『MLB.com』】

バレルとなった打球は大半が長打になるため、打者はバレルの打球を増やす努力をするべきだ。先ほど打球速度が速いと長打率が高くなっていた理由は、バレルゾーンに入る範囲が広がることが大きく関わっており、メジャーの打者たちはこのような打球角度を意識しながら打球速度を高める努力をしている。

「見える」データをプレーに生かす

Statcastの発展により、打球そのものを数値化することが可能になった。打撃はこれまで経験や印象で語られがちであったが、「見える」ようになったデータを活用することでより適切な評価や指導ができるようになりつつある。打者の能力基準が変わる日もそう遠くないかもしれない。