【ミニコラム】MLB週間打球速度ランキング(2018/7/24~30)

先週からお伝えしている週間打球速度ランキング。トレード期限を前に移籍も活発になってきている。先週ランクインした選手や大谷翔平はどんな打撃をみせたのか。今週もランキング形式で見ていこう。
前回ランキング記事:【ミニコラム】MLB週間打球速度ランキング(7/18~23)

先週ランク外の選手たちが続々ランクイン!

25日に9号ホームランを放った大谷は11位に位置付けた。先週と比較すると打球速度が急上昇している。打率こそ下がってきているものの、このような打球を安定して放てれば、まだまだ活躍が期待できそうだ(表1)。

表1 週間(7/24~30)平均打球速度ランキング
順位名前
(チーム)
平均打球速度
(km/h)
G.スタントン
(ヤンキース)
157.1
M.チャップマン
(アスレチックス)
156.9
S.ペレス
(ロイヤルズ)
156.8
J.アルファーロ
(フィリーズ)
156.5
J.アブレイユ
(ホワイトソックス)
156.2
R.オドーア
(レンジャーズ)
155.8
J.デービス
(アストロズ)
155.8
R.ブラウン
(ブリュワーズ)
155.7
B.ゾブリスト
(カブス)
152.7
10M.トラウト
(エンゼルス)
152.7
11大谷翔平
(エンゼルス)
152.4

※10打球以上。メジャーリーグ平均は139.9キロ

また、今週(7/24~30)の平均打球速度第1位はヤンキースのスタントンだった。スタントンは最近7試合で打率1割台と苦しんでいる。しかしながら、打球速度ランキングでは上位だ。なぜこのようなことが起きたのだろうか。それは、最高打球速度のランキングに秘密があった。

最高打球速度1位は脅威の191キロ!

今週(7/24~30)の最高打球速度1位は191.5キロを記録したスタントンだった。しかしスタントンは191キロの打球以外に限ると平均打球速度は147キロだった。もちろんメジャーリーグ平均より速かったものの、ランキングに入る結果ではなかった。つまり、スタントンは完全に調子を取り戻したわけではなかったのだ。
とはいえ、今週1位となった打球は、本塁打王を獲得した昨年に匹敵するような打球であり、これをきっかけに復調をみせてほしい。

表2 週間(7/24~30)最高打球速度ランキング
順位名前
(チーム)
最高打球速度
(km/h)
日付結果
G.スタントン
(ヤンキース)
191.57/28単打
N.クルーズ
(マリナーズ)
188.37/25内野ゴロ
J.ギャロ
(レンジャーズ)
187.57/28ホームラン
M.チャップマン
(アスレチックス)
185.67/26三塁打
J.マーティ
(エンゼルス)
183.87/24内野ゴロ
J.アルファーロ
(フィリーズ)
183.67/24ホームラン
J.アルファーロ
(フィリーズ)
183.17/26単打
M.チャップマン
(アスレチックス)
183.17/26三塁打
J.アブレイユ
(ホワイトソックス)
182.77/26内野ゴロ
10大谷翔平
(エンゼルス)
182.27/28二塁打

10位には大谷がランクイン。182.2キロは自己最速の打球速度だった。さらに、25日のホワイトソックス戦では9号ホームランを放ったが、飛距離およそ136mの特大弾となった。このときの打球速度は177.7キロをマークしていた。

大谷翔平第9号ホームラン

トレード期限を迎え、駆け込みトレードも続いている。
優勝争いの後半戦に向けて、打球速度をはじめとしたさまざまなデータに注目していきたい。

Featured Posts