侍ジャパン社会人代表選考合宿でデータ測定 プレーを可視化して科学的に解析

本年10月に台湾で開催される「第29回 BFAアジア選手権大会」に出場する野球日本代表侍ジャパン。その社会人代表の選考合宿が、埼玉県さいたま市のNITTSU浦和ボールパークで行われた(2019年6月24日~27日)。
今回、本メディアを運営する株式会社ネクストベースは、選手選考時における科学的データの取得ならびにそれに基づいたアドバイス等に協力し、日本野球の競技力向上、発展に微力ながらサポートする機会を頂いた。
詳しくは、「野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト」に委ねるが、今後の野球界においてはデータ測定による選手の特徴の把握が必要不可欠になってくるだろう。さらに、データを活用したチーム力アップや戦術の考案、そして個々の選手育成や技術力向上にも科学的なデータの活用が注目され、そこにスマホ世代の選手たちの関心も高まっていくに違いない。
参考:侍ジャパンオフィシャルサイト

選手へのフィードバックの様子

Baseball Geeksでは、これからも選手の上達のためのヒントを発信していく。一人でも多くの選手が、データを使って上手くなることができるよう願っている。今後の日本球界でデータ活用が広く普及し、正しく運用されることを期待したい。

Featured Posts