アウトコースは安全?投球されたコース別の打球特性

「内角は長打になる」とか「アウトコースに投げておけば安全」と良く言われます。しかし、これは本当なのでしょうか?
今回は投球されたコースが打球にどう影響を与えるのかについて検証していきます。

低めへ投球されたボールは、飛距離を抑える面では効果があります。しかしピッチングを明らかにしていくにあたり、高低だけではやはり説明しきれない部分も多くあります。
そこで今回は内角外角に焦点を当てて分析していきます。
参考:「低めに投げろ」ってホント?

一番飛ぶのは真ん中からやや内角!!

まずは打球飛距離とコースの関係について検証していきます。
MLBで2016年に投球された全投球約71万球から、ファールを除いた打球を抽出しました。全投球から打球となったのは約13万球でした。

そして、これらの打球データを投球されたボールのコース1㎝毎に分けました、それぞれの平均打球飛距離を算出しました【図1】。
本項では、左打者に対する投球のコースを反転させており、ベースの真ん中の0cmを中心に、外角に行けば行くほど、数字が大きくなっていきます

図1 2016年MLBのボールの内外角毎の平均飛距離

平均飛距離をみると、最も大きかったのは、真ん中やや内角寄り3cmの地点でした。真ん中付近は概ね平均飛距離が大きく、やはり真ん中のコースへの投球は危険であることがわかります。

また、外角と比べると、内角の方が平均飛距離が大きく、外角のストライクゾーンギリギリの地点は、内角のストライクゾーンギリギリの地点よりも約5m平均飛距離が小さいという結果でした。

打球が速い外角。でも、スイングは遅い。

打球の飛距離は打球速度と打球角度で決まります。それぞれについてみていきましょう。
【図2】は、ホームベース到達時のボールの内外角位置1㎝毎の平均打球速度です。

図2 2016年MLBのボールの内外角毎の平均打球速度

平均飛距離同様、真ん中周辺が最も打球速度が大きくなっています。
また、打球速度では外角の方が高くなっています。
内角のほうが飛距離が大きかったのにもかかわらず、打球速度では外角のほうが速い。やや意外な結果となりました。

コース別のスイング特性を調べた研究では、外角を打った時は、内角を打った時よりもスイング速度がやや低下(有意差はなし)しています(森下ほか、2016)。

外角は、スイング速度は低下するのに、打球速度は速い
なぜなのでしょうか?
その秘密は打球の割合と打球角度にありました。

外角と内角の異なる打球特性

ストライクゾーンを三分割し、打球の割合を比べてみます。すると、外角のボールを打つときは、ゴロが大きく増加していることがわかります【表1】。

表1 コース別の打球の割合
コースゴロライナー内野フライ外野フライ
内角41.4%25.3%11.2%22.1%
真ん中42.7%26.7%6.5%24.1%
外角51.2%25.6%4.2%19.0%

先ほどの研究では、外角のボールを打つときは、スイング角度が低下する(ダウンスイング気味になる)ことが報告されています。
外角のボールを打つときは、ダウンスイング気味の軌道になりやすく、ゴロ打球が増えたのです。

打球角度にも顕著に表れています。
【図3】は、ホームベース到達時のボールの内外角位置1㎝毎の平均打球角度です。
外角になるにつれて平均打球角度が小さくなっています。ストライクゾーンの外角ギリギリのボールでは、打球角度はほぼ0に近いといえます。

図3 2016年MLBのボールの内外角毎の平均打球角度

外角のボールを打つときは、打球の角度が大きく低下しています。ゴロ打球の場合はバットとボールが直衝突しやすくなる(いわゆる叩きつけた打撃)ため、エネルギーのロスが少なく、打球速度は速くなります。しかし打球の角度が小さく、飛距離は伸びませんでした。

打者を打ち取るために投球するべきコースを考える

外角のボールは打球速度が速いものの、打球角度は小さく飛距離が伸びない。ということがわかりました。
しかし、前回の低めのように、内角外角どちらが有効というのではありません。内角外角は「打ち取り方が違う」のです。

今回紹介したように外角のボールはゴロ打球が多くなります。ゴロ打球はフライよりも長打や本塁打の確率が圧倒的に低いため、長打を減らす目的では、外角のボールは有効なコースといえます。
参考:イベントのリスクからみる野球の本質

しかしながら、もう一度表1をみていただくと、内角の内野フライ割合の高さが際立っていることがわかります。先コラムでも紹介しているように、内野フライは98%の確率でアウトにできます。

長打のリスクを負ったうえでも、完全なアウトを奪う目的では、内角のボールが有効といえるのです。

内角、外角は場面や投手の能力、球種やカウントによっても有効なコースは変わるでしょう。
今回のコラムは、あらためて投手の投球術の奥深さを感じさせるものとなりました。
今後もBaseball Geeksでは、「ピッチングサイエンス」と題して、投球を様々な観点から「科学」していきたいと思います。

Featured Posts