投球理論

「低めに投げろ」ってホント?データで探る野球指導の常識

【こんな人におススメ】
「低めに投げろ!」と指導されている投手、キャッチャー

「低めに集める」「ピッチングの基本は低め」をはじめとするように、指導現場において「低め」は最も使われる言葉のひとつかもしれない。しかし、その多くは指導者の主観や経験に基づく言葉がけである。

低めへの投球は本当に有効なのであろうか? 今回は、2018年のメジャーリーグのデータを使い、投球されたコースの高低が打者に与える影響を考えていく。
参考:「外角低めって本当に安全?」トラックマンデータで徹底分析

目次:「低めに投げろ」ってホント?データで探る野球指導の常識
「高めは低めより飛ぶ」は本当?
低めを打つと打球速度は高まるのか?
高めは本当に危険なのか?

低めと高めの飛距離を比較

まずは打球の飛距離について。「高めは低めより飛ぶ」というイメージを持つ方も多いかもしれないが、果たして本当に飛距離は大きいのであろうか。2018年の全打球、約13万球のデータを、ホームベース到達時のボールの高さ1センチに分割し、平均打球飛距離を算出した(図1)。

図1  ボールの高低と飛距離の関係

これを見ると、高めになるほど飛距離が右肩上がりに大きくなっている。イメージ通り高めの方が飛距離は大きく、低めと高めのゾーンぎりぎりを比較すると、なんと約20メートルもの差が見られた。
やはり定説通り低めは有効なのだろうか。続いて、さらに細かく打球の特性を見てみる。

低めを打つと打球速度は高まる?

ボールの高さ1センチ毎に平均打球速度を見ると、飛距離とは違い、ゾーンの低めあたりにピークがきている。意外にも思えるが、実は高めより低めの方が平均打球速度は速かったのだ(図2)。

図2 ボールの高低と打球速度の関係

これには打者のスイングの特性が関係している。投球コース別にスイング特性を調べた研究では、低めの打撃は高めの打撃よりも、有意にスイング速度が高くなることが明らかになっている(森下ほか、2016)。低めを打撃する際にはバットヘッドを加速する時間が長くなりやすいため、スイングの速度が高まりやすい。スイング速度が高まった結果、打球速度も増大したのであろう。
では、なぜ高めのボールは飛距離が右肩上がりに大きくなっていたのか。その理由は打球角度にある。ボールの高さ1センチ毎の平均打球角度をみてみると、高めになるほど急激に打球角度が大きくなっていることが分かる(図3)。

図3 ボールの高低と打球角度の関係

先ほどの研究では、低めの打撃は高めの打撃よりスイング角度が有意に小さかった(=低めの打撃はダウンスイング気味になった)と報告している。つまり打球速度と角度の結果を整理すると、低めのボールは打球速度こそ高まりやすいものの、ダウンスイング気味の軌道になりやすいため、結果的に打球角度が小さいということになる。これが、高めのボールが低めのボールより飛ぶ理由である。

飛距離が大きくなると、必然的に長打が増加し長打率やOPSも高まっていく。得点との相関は、打率よりもOPSの方が高いことが分かっているため、低めへの投球は「長打を抑えて得点を減らす」意味では効果的だと言えるだろう。

高めは本当に危険なのか?

低めへの投球は、打球角度を小さくし飛距離を抑えることが分かった。定説通り、やはり失点を防ぐうえで一定の効果はあると言えるだろう。ただし、イコール高めが危険とは限らない。最後に高めのボールの有効性を考えたい。
2018年の全4シームの投球から、ボールの高さ1センチ毎の空振り割合を算出した。データを見ると、高めになればなるほど空振り割合が増加していた(図4)。

図4 ボールの高低と空振りの関係(4シーム)

近年、メジャーリーグではフライボール革命に代表されるようにフライ打球を狙う打者が多く、いわゆるアッパー気味のスイングの打者が増加している。そこで、高めの4シームがより威力を発揮するようになり、それらのボールが見直されつつあるのである。
引退を表明した巨人の上原浩治も、高めのコースを積極的に使う投手であった。リリーフである上原は、そのホップ系の球質を生かしてゴロよりも空振りを狙いにいく投球を見せていた。このように、低めへの投球は有効な手段の一つではあるものの、必ずしも高めが不正解とは言えない。高めが「危険」であるかどうかは、場面や投手のボールの特性も考慮すべきだろう。
参考:上原浩二「打たれない」140キロの秘密

Statcastの発展で、投球したボールの「見える化」は一気に加速している。ホップ成分やシュート成分といったボールの「球質」も明らかとなり、有効なコースも一意的でなくなってきているのかもしれない。定説や経験則だけでなく、選手の特性に応じた選択。それこそがこれからの投球指導に求められるスタイルなのであろう。

参考文献:森下ら(2016). 投球コースの違いがバットスイングに及ぼす影響 プロ野球選手と大学野球選手との比較. 野球科学研究会報告集,p126-127