フライボール革命は本当に日本人には不可能なのか?データで検証

「フライボール革命」
近年メジャーリーグで巻き起こったこの革命が日本でも着々と広がりをみせている。フライボール革命とは、打者がより得点に貢献する打撃を目指してフライを打ち始めた革命だ。昨シーズンのメジャーリーグでは、過去最多となる6105本の本塁打が飛び出した。今回はフライボール革命の有効性を再度紹介すると共に、「日本人選手にも効果的かどうか」をデータの側面から考察していきたい。

目次:フライボール革命は本当に日本人には不可能なのか?データで検証
フライボール革命の有効性とは
データ分析から生まれた新指標「バレル」
回転をかけると飛距離は伸ばせるのか?
日本人選手でも長打を量産できる?!

フライボール革命が起きている理由と効果とは?

メジャーリーグではなぜ皆フライを打ち始めたのだろうか。一つ目の理由が、フライの有効性だ(表1)。
打球の種類別に結果の割合を見てみると、意外な結果が浮かび上がった。

表 2017年MLBの打球の種類別結果割合。ゴロとフライの有効性が明らかとなり、打者はフライを打ち始めた
打球の種類
(起こる割合)
安打確率長打確率本塁打確率
ゴロ(45%)25%2%0%
ライナー(25%)63%23%3%
外野フライ(22%)27%23%18%
内野フライ(7%)2%0%0%

長打確率や本塁打確率を見てみる。ゴロは長打にはほとんどならず、ライナー、外野フライはほぼ同様の長打確率だ。ゴロの本塁打はもちろん0で、外野フライは割合が圧倒的に高い。
また、意外なのが安打確率だ。「単打狙い」「長打狙い」のような言葉に代表されるように、外野フライは大味なイメージを持つかもしれない。しかしデータでみると安打の確率でも外野フライの方が高かったのだ。

さらに、近年メジャーリーグでは守備シフトが盛んに敷かれるようになった。トラッキングデータの発展により、どのエリアにどんな打球が飛んできやすいかが分かるため、野手は打者の傾向に合わせて大きく守備位置を変更するのだ。
そのためゴロで野手の間を抜くことがどんどん難しくなり、ますますフライ打球の需要が高まったのだ。

データ分析から生まれた新指標「バレル」

フライの有効性が明らかとなり、打者はフライを打ち始めた。
しかしながら、ただ漠然とフライを打ってもアウトを増やすだけだと感じるかもしれない。そこで今回は、トラッキングデータの発展により登場した「バレル」という指標を紹介したい。
バレルとは打球速度と打球角度の組み合わせで構成されるゾーンのことだ。バレルゾーンに入った打球は必ず打率.500、長打率1.500以上となり、簡単に言えば「どんな打球」を「どんな角度」で打ち出せば長打になるのかを示す指標だ(図1)。

図1 バレルの定義。打球速度と打球角度の組み合わせで、バレルゾーン(図中赤)に入った打球は長打の割合が急増する

バレルになるには打球速度が最低158キロ必要で、158キロで打った際には打球角度26°~30°の角度の範囲がバレルゾーンとなる。バレルゾーンになる角度は、打球速度が速くなれば速くなるほど広がり、閾値とされる187キロに到達すると、なんと8°~50°の角度の範囲がバレルゾーンとなる。
このように、トラッキングデータの発展で「どんな打球を打てば良いのか」を客観的に表すことができるようになり、メジャーリーガーは漠然とフライを上げるのではなく、バレルゾーンを目指して打球速度と打球角度を意識するようになったのだ。

バレルゾーンに打つためには?打球に回転をかけることの是非

ではどのように打球速度や打球角度を高めれば良いのだろうか。スイングの観点からは、意外な事実を紹介する。

打球角度を大きくするにあたって、ボールの下をいわゆる「切って」バックスピンをかける方法をイメージするかもしれない。しかしこの方法は、実は効果的ではなかったのだ。
たしかにボールの特性を考えると、バックスピンが強いほどボールに作用する揚力は大きくなり飛距離は増加する。しかしながら、過度に回転数を増加させようとするとボール中心から離れた位置を打撃する必要があるため、実際には打球速度が低下してしまい、飛距離は増加しないのだ。

研究結果によると、直球を打つ場合はバットが水平面よりも19°上向きの軌道、つまり19°アッパースイングで、ボール中心の0.6cm下側をインパクトすると、飛距離が最大化するとされている。投球されたボールは落下しながら打者へ向かって来る。多くのフライ打球を放ち、かつ遠くへ打球を飛ばすには、アッパー気味のスイングが効果的であるといえるのだ(図2)。

図2 飛距離が最大になるインパクトの条件。19°上向きの角度で打撃する必要がある

フライボール革命は日本人選手にも可能!!

フライボール革命に関して必ず巻き起こるのは、メジャーリーガーに比べて身体の小さな日本人選手にはフライ打球は効果的ではないのではないか?という議論だ。打球が遅く力のない打球フライ打球を打ってもアウトになるのが関の山というのがその理由だ。
そこで最後に、「身体の大きさ」に着目し、日本人選手のフライボール革命について考察していきたい。

まず、研究結果(笠原ら,2012)によると筋量の目安となる除脂肪体重とスイング速度は相関関係にあるとされている。やはり筋量の多い打者はスイング速度が速くなりやすいということだ(図3)。

図3 除脂肪体重とバットスイング速度の関係。除脂肪体重が多いとスイング速度は高まる

また、打球速度とスイング速度の相関関係を示した研究結果(城所・矢内,2017)を使って逆算すると、打球速度を出すためのスイング速度、そして除脂肪体重を推定することができる。

長打を量産する条件とは

例えば、2017年のメジャーリーグの最高打球速度は現ヤンキースのスタントンが記録した196.7キロで、これを逆算するとスイング速度が約172キロ必要、そのスイングを行うためには除脂肪体重が約100キロ必要となる。スタントンの体重は約111キロで、この打球速度で打つために非常に理にかなった身体を有しているといえる。
参考:打者は体が大きい方が有利!?データで検証!

ただしかし、誰しもがスタントンのような身体になれるわけではないだろう。
日本人選手のフライボール革命を考える上で、再度注目したいのはバレルの最低条件だ。

バレルの最低条件を見てみると、打球速度は158キロだった。それを逆算してみると、必要なスイング速度が約128キロ、そのスイングを行うために必要となる除脂肪体重は約65キロだった。これは仮に体脂肪率15%だと仮定すると体重約75キロで、日本人選手でも多くの選手がクリアしている数字となる(図4)。

図4 バレルの最低条件をクリアするための身体。実は多くの日本人選手がクリアしている条件だった

つまり、実は多くの選手が本塁打を打てる可能性を秘めており、適切な角度で打球を打てれば長打を連発できる可能性を秘めていたのだ。

データやスポーツ科学で多くの選手の「可能性」が広がる!

今回は「身体の大きさ」に着目して日本人選手のフライボール革命の可能性について考察してきた。その結果、実は日本人選手でも多くの選手が長打を量産できる身体を有していることがわかった。
もちろん打撃は多くの技術要素を含むものであり、簡単に筋量や体重だけで説明はできない。しかしながら、多くの選手が長打を量産できる可能性があるというデータだけでも、フライボール革命に挑戦するに値するのではないだろうか。

例えばヤクルト山田選手は76キロという体重で長打を連発している。本当は山田選手のように長打を量産する能力を秘めているにもかかわらず、身体の大きさを理由に、自らの可能性を摘んでしまっている選手がいるかもしれない。
データやスポーツ科学の力によって一人でも多くの選手の可能性が広がることを信じ、発信を続けていきたい。

引用:
http://m.mlb.com/glossary/statcast/barrel
https://www.fangraphs.com/tht/optimizing-the-swing/
笠原ら(2012): 大学野球選手のバットスイングスピードに影響を及ぼす因子, Strength & Conditioning journal 19(6), 14-18, 2012
城所・矢内(2017):野球における打ち損じた際のインパクトの特徴. バイオメカニクス研究 21(2), 52-64, 2017

Featured Posts