「外角低めって本当に安全?」トラックマンデータで徹底分析

トラックマンの普及により野球のプレーの「見える化」が加速し、ニュースやインタビューでも回転数や打球速度といったデータを目にすることも増えてきた。一方で、まだまだ個人の能力にフォーカスしたデータが多い。

メジャーリーグで計測された全試合のトラックマンデータは、一部一般公開されている。そこで膨大なトラックマンデータを活用することにより、個人の能力だけでなく野球の新しい常識を明らかにすることもできるようになったのだ。
今回は、トラックマンで取れる「ボール到達位置」のデータを使い、「最も打たれにくいコース」はどこなのかを探っていきたい。
参考:「トラックマン」とは?最先端の計測機器でとれるデータを紹介!!

目次:「最も打たれにくいコース」はどこ?
外角低めのボールは飛ばない…!?
やっぱり低めはゴロになりやすい…?
データで野球の常識が進化…!!

投球の原点!?最も打球が飛ばない「外角低め」

「外角低めは安全」「外角低めは投球の基本」このように野球の投球指導ではコースに言及する指導も多いだろう。今回は2017年のメジャーリーグ全投球のうちファールを除く打球となった約12万球を対象とし、ストライクゾーン内のコース別打球特性を分析した。また、本稿では内外角の効果を検証するため左打者のデータは反転している。

まずはコース別の打球飛距離をみてみる。最も飛距離が短いコースは外角低めだった(図1)。

図1 コース別の打球飛距離(メートル)※左打者は反転

従来の指導のように外角低めは飛距離が短く、リスクが低いコースだった。
一方、最も飛距離が長かったのは真ん中高めで、高めはどのコースも飛距離が長かった。高さ1センチ毎に平均飛距離を調べたデータでも高めになるほど飛距離が伸びており、高めはリスクが高いコースといえるだろう。投手は外角に投球することを意識するよりも、低めに投球することを意識する方がリスクを抑えられるかもしれない
参考:「低めに投げろ」ってホント?データで探る野球指導の常識

では、コース別にみるとどのような打球が多いのだろうか?飛距離を構成している打球速度と打球角度をみてみよう。

打球速度と打球角度で打ち取り方を考える

コース別の打球速度と打球角度を示した。それらをみることでより詳細なコースの特性がわかる(図2、3)(スマホ版はタップで切り替え)。

図2 コース別の打球速度(キロ)※左打者は反転
図3 コース別の打球角度(°)※左打者は反転

低めはゴロになりやすい?

低めは全体的に打球角度が小さく、飛距離が短かった要因は打球角度にあった。スイング動作の研究でも、低めのコースはスイングの角度が小さく(ダウンスイング気味)なりやすいこともわかっており(森下ら、2016)、低めのコースはゴロになりやすいコースであるといえる。ゴロはフライと比べて長打の確率が圧倒的に低く、低めの投球は長打を防ぐうえで非常に有効であるといえる。
参考:【打撃特集1】上から叩くな!新しいスイング理論

また、興味深いコースは内角高めだ。内角高めは打球速度が最も低かった。内角高めのコースでスイングを加速するためには打つポイントをより投手寄りにする必要があり、打球速度を高めるのが難しいコースなのだろう。
一方、打球角度は内角高めが最も高かった。打球速度が低く完全に抑える事を狙える一方で、打球角度が大きくなりやすく長打の危険性も含むコースなのだ。

外角低めは安全?

先ほど飛距離が最も低かった外角低めは、打球速度打球角度ともに低値だった。本稿では割愛したが、全球種において非常にリスクの低いコースで、「外角低めは投球の基本」との指導は大袈裟ではなかったのだ。

データで野球の常識が進化?

今回は、トラックマンデータを使い「最も打たれにくいコース」はどこなのかを探ってきた。その結果、「外角低めは投球の基本」との野球指導の常識を裏付けるデータとなった。

また、今回は対象としなかったが、空振り割合や投手の球質を詳細にみることで、それぞれの投手によっての「最も打たれにくいコース」がみえてくる。メジャーリーグ時代の上原浩治はホップ成分の大きな球質を活かして高め中心に投球していた。今後は投手1人1人オリジナルの「投球の基本」が生まれるようになるかもしれない。
参考:電撃復帰!上原浩治は巨人の救世主となるのか!「打たれない」140キロの秘密をトラックマンデータで徹底解析!

このように、データは新たな野球理論を創出するだけではない。従来の野球指導の裏付け、さらに進化させることもできるのだ。
今後もBaseball Geeksでは野球を科学していく。データの普及が野球界の発展に繋がり、一人でも多くの選手の上達に寄与することを願っている。

引用
森下ら(2016). 投球コースの違いがバットスイングに及ぼす影響 プロ野球選手と大学野球選手との比較. 野球科学研究会報告集,p126-127

Featured Posts